エコロジー・スローライフ

2008年10月09日

ペレットストーブ富士見の「つくりすぎない家」にペレットストーブが入りました。

岩手で製造している「クラフトマン」ペレット・薪兼用ストーブです。

ストーブ本体、鉄製の防熱板付炉台、内部煙突と設置も半日掛からず、夕方には火入れをして見ました。

木質ペレットは国産品で、10圈500円(約一日分)前後と、今後益々普及するものと思われます。



kigocoro at 23:10コメント(0) 

2007年01月13日

「私にできることは、何だろう。」 「愛・地球博」で大反響!
問い合わせが殺到した話題の本です。

2006年3月に一般発売されましたが、その一年前に出版された原本を ご希望の方に無料進呈しています

この本は、地球の事実をより多くの人に知ってもらいたくて生まれました
環境、平和、国際協力。地球の今と、これからの問題を、330掲載しました。

“活字も大きくて読みやすい!”当本をご希望の方は、
   こちらから お申し込み下さい。



kigocoro at 17:58コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月09日

前回に引き続き、今回もシャボン玉石けんのご紹介をいたします。

今から約11年前の1993〜94年に「地球を救う大変革」で大ブレイクした自然農法のEM菌は、ご存知の方も多いことと思います。

当時、とりあえず何でも試してしまおうといった気質であった私はご多聞に漏れず、家庭菜園ほどの畑で野菜を作っていた我が家で、EM技術を試みました。EM粉石けん EM菌でボカシを作り、そのボカシで生ごみを堆肥にし、その堆肥を畑に戻して土作りといった具合で、堆肥作りまでは上手くいったのですが、EM菌が活かされた土作りまでには至りませんでした。 どうも好気性菌と嫌気性菌の活用がポイントのようでした。

そんなEM技術も世界的な普及と活躍を遂げ、そのEM技術とシャボン玉石けんの技術・理念が出逢い、今までになかった新しいEM石けんが誕生しました。森田社長

そして今やEM石けんは、シャボン玉石けんのベストセラー商品となっています。

 

それではここで、EM技術の育ての親である琉球大学の比嘉教授と、シャボン玉石けん社長森田光が対談意しましたその一部をご紹介いたします。(写真は森田社長)

続きを読む

kigocoro at 23:30コメント(1)トラックバック(0) 

2006年01月07日

私たちの小さい頃の石鹸といえば固形石鹸が当たり前での時代で、贈答品として「牛乳石鹸」「シャボン玉石鹸」など固形石鹸の詰め合わせセットが良く使われていました。 

洗たく板洗濯においても洗濯板と固形石鹸で母が洗濯をしていたことなど、幼い頃の記憶に薄っすらとあります。 痩せてあばら骨の出ている身体を「洗濯板(せんたくいた)」などと言ったものですが、今の若者は「洗濯板」って多分知らないと思っていたら、今でも洗濯板を売ってるところがあったのには驚きで、需要もあるってことですね。

シャボン玉石鹸ギフトそんな固形石鹸の時代もいつの間にか「合成石鹸」「合成洗剤」という、界面活性剤を使用した石鹸・洗剤が主流となり、これが河川の環境を大きく悪化させてしまったようです。

ところが昨年の暮れに、昔よく耳にしたシャボン玉石鹸」のギフトセットをお歳暮で戴きまして、実はこの「シャボン玉石鹸」は環境と健康に取り組んだ石鹸を作り続けて販売しています。

【このシャボン玉石鹸は、アトピッコハウスのットショッピングからも購入できます。】

昨春行われた、「船井総研の船井会長とシャボン玉石鹸の森田社長の対談」から、シャボン玉石鹸が現在の取り組みに至った逸話を是非お聞き下さい。

続きを読む

kigocoro at 00:47コメント(2)トラックバック(0) 

2005年12月22日

寒気が居座り続けて3週間以上になり、その寒気も一向に退く気配が無く、今日は寒さに追い討ちをかけたような一日です。 12月としては記録的な寒さといわれています、このところの気象異常ですが、例年にない大陸からの大寒波は、日中関係・日韓関係の冷え込みが大きく影響しての南下とも囁かれ始めた今日この頃です。

そんな訳で今日は一年で昼間の時間が一番短い「冬至」です。 冬至は確かに一年で一番昼間の時間が短いのですが、日の出が一番遅いのと日の入りが一番早い日ではないことは、気象に詳しい方ならご存知でしょう。 [均時差「視(真)太陽と平均太陽の時角差」による時間のズレ]

日の入りが一番早いのは「冬至10日前」とよく言われますが、日の出が一番早いのは1月7〜8日頃だそうです。

 

さて、2003年の夏至から始まり、今年で3年目、5回目となった「1,000,000万人のキャンドルナイト」も、今宵の冬至の夜です。

http://www.candle-night.org/

以下、呼びかけ文を載せましたので、皆さんもスローな夜を味わっては如何ですか。

 

「100万人のキャンドルナイト 2005冬至」

〜呼びかけ文〜

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。

2005年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、

みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。

しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。

ある人は省エネを、ある人は平和を、

ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

 

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。

それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、

文明のもっと大きな可能性を発見する

プロセスであると私たちは考えます。

 

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、

ただ2時間、でんきを消すことで、

ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を

地球上にひろげていきませんか。



kigocoro at 06:07コメント(2)トラックバック(1) 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ