オリジナル・オンリーワン

2005年06月06日

前回の記事にて新富弘美術館のご紹介をいたしましたが、この新築工事は大手ゼネコンの鹿島建設が(工事費119,000万円)元請けとなり、工事を完成いたしました。美術館トイレ棟

 

そこには我々地場工務店、或いは地場木材の出番が一切ありませんでしたが、新美術館オープン後に南側トイレ棟(写真上)裏側のテラス工事(写真下)をやらせていただきました。

 

 テラス屋根の波板張りなどは、日曜大工で素人の方でも頻繁に行う作業の一つですが、張り終わってみると 美術館テラス「真っ直ぐに張れない」 「裾(軒)が鋸(のこぎり)型になる」 などが多いようなので、上手に張るポイントを一つご説明します。

       

 波板を張っていく途中の釘止めがポイント

・仮止めにて重なり部分の2箇所位を軽く留める

・調整しながら最後まで仮止めで張り上げる

・真っ直ぐに張られている事を確認し、仕上げの釘止め

 

始めから仕上げ止めで張っていきますと上手に張れませんので、皆さん日曜大工でこんな機会がありましたら試してみて下さい。

 

今日もお越し下さり有難うございます。頑張ってます→ 人気ブログランキングに投票 お願いします。

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 06:59コメント(2)トラックバック(0) 

2005年05月24日

屋根面に対し45度回した煙突
 今回は、私どもがこれまでの新築やリフォーム・増改築などで取り入れた、オリジナルなスペック等のご紹介をします。

 
煙突 私どもの建てる住まいには薪ストーブを取り入れる現場が多く、大きな吹き抜けを暖めるには、薪ストーブが一番です。 
四角い煙突を屋根面と平行に設置すると、煙突の上側部分と屋根との取り合いで、屋根勾配が水平になってしまいます。
 
この場合でも充分な水切り処置をしておけば、雨漏りなどの問題はほぼ心配ないのですが、大雪の時など特に気になります。
 
そこで、雨や雪が留まる水平部分を取り除くため屋根を45度回転させ、水の切れを良くし、雨漏りに対し充分な対策を施しました。
  


kigocoro at 08:10コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ