お客様満足

2005年08月03日

毎度お越し下さりありがとうございます。

まずは 人気ブログランキングに投票 願います。(新しいウインドウにジャンプします)

 

先月より、私どものお客様にお届けする情報誌を作成していましたが、ようやく印刷が上がり本日郵送致しました。

A4カラー両面一枚刷りにて、今回の創刊号は2,000枚印刷しましたが、そのうち郵送を約200部し、残りは新聞折込に入れる予定でいます。

きごころ通信11内容を問われますと、決して豊富な情報が満載とはいきませんが、この創刊号の狙いは地元地域のお客様に対しての売込みも視野に入れて作りました。 

私どもは地域で「頼りになる安心の地場工務店」を目指し頑張っているわけですが、古くからの工務店業ではないために知名度が低く、また「木の家づくり」を看板に掲げているために、どちらかというとログハウス的な住宅を造っているようなイメージを持たれています。

勿論「木の家づくり」は得意とするところですが、地元のお客様にとって「住まいに関してお困りの折には気軽にお声掛けできる」そんな地域に必要とされる工務店でありたいと考え、創刊号に込めました。

きごころ通信12 

この 「きごころ通信」 は、本来ならば毎月発行できればよいのですが、制作の予算と時間の都合から今のところ、年に4回の季刊発行を考えています。

7月の「暑中見舞い号」 10月の「実りの秋号」 1月の「迎春号」 4月の「春爛漫号」といったところですかね?

 

「とりあえず私にも送ってよ!」という方は からどうぞ。

 

最後になりますが、この情報誌作製には 家」 にお住まいのM様に、デザインの編集を始め印刷の手配などすっかりご協力して頂きましたこと、ここに感謝申し上げます。

 

人気ブログランキングに参加していますので、本日も応援よろしくお願いします。

お帰りの際には一つクリックして下さい。 人気ブログランキングに投票

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 23:46コメント(9)トラックバック(0) 

2005年05月20日

 私どもは、「お客様の笑顔 → 満足 → 幸福」を、常日頃より心がけ、工務店経営を行っています。 
お客様が満足して頂ける、そんな心がけや試みをひとつずつ、ここで紹介して行きます。 
 
新築工事は別として、リフォームや増・改築・修繕工事など、お客様のいらっしゃる現場では、「包丁切れますか?研ぎますよ!」と、一声尋ねます。
普段、包丁を本格的に研いでいるご家庭は殆ど在りませんので、2本ほど差し出されます。
最近はステンレス製の包丁が多くなり、なかには研ぐのが難しい包丁もあります。
 
お客様にとって、研いで切れるようになれば、勿論お喜びするわけですが、あとで包丁が切れなくなってきたら、また、私どものことを思い出して頂けるに違いありません。
最近では、鉋・鑿を研ぐことよりも、包丁研ぎの方が多いかもしれません。
 

 
地鎮祭 家を建てる前の“地鎮祭”

家が建て終わるまでには、いくつもの儀式がありますが、思い出に残るような感動のシュチエーションの工夫も、我々の役目です。



kigocoro at 20:56コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ