2006年01月05日 23:23

寒いのは北極が揺れているから?

 記録的寒冬、記録的大雪続く

 

年末年始の4日間は穏やかな日和となり、記録的な寒さも収まるかと思えましたが、再び寒波の襲来となっているようです。

この長引く寒気の状況をもたらす原因としては、

北極周辺の気圧が例年より高い

三波型の著しい偏西風の大きな蛇行が長期化している

この2つがこの冬の記録ずくめの寒さと大雪をもたらしているようであり、北極周辺の気圧が例年より高いと日本付近の気圧は低くなり、寒波が訪れやすくなるといわれる。 また、これらの現象を「北極振動」と呼び、異常気象をもたらす要因のようである。

また一方では、フィリピン〜インドネシア周辺の熱帯の対流活動が活発で、過去の統計からこのような時は「西高東低」の冬型の気圧配置を支え、寒気を南下しやすくするという。 エルニーニョ現象の年は暖冬といわれるが、今回の現象はその逆のラニーニャ現象に近いという。

 

凍結杉年が明けてから山の杉の木を伐倒してみたが、辺材(しらた)部分はすっかりと凍結していました。

水分の少ない心材(あかみ)部分と、脂分の多い白線帯(心材と辺材の間)部分は凍結していません。

また、杉の木がこれだけ凍結していますと製材も困難で、時間がかかり真っ直ぐに挽けません。

(この杉の木、良く見ますと芯が一方に寄っているアテの木です)

 


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 大島です   2006年01月07日 18:57
松島さん こんにちは。北極が原因ですか。新潟の方は大変ですね、3mとか信じられないような降雪量です。灯油が高くなって困りますね。
2. Posted by 松島です   2006年01月07日 21:21
大島さん、こんばんは。
いくら雪国とはいえ、春はまだ程遠い時期のこの記録的降雪は、大変極まりないでしょうね。
この辺は新潟に近いですけど、4〜5cmの積雪が3回位あった程度で済んでいます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ