2005年12月09日

この冬の暖房は?

“クリーンで暖かなお部屋に!”

12月初旬だというのに、真冬並みの寒さがこんなに続く年は、ここ数十年私の記憶にはありません。

薪ストーブそんなわけで一気に冬が訪れてしまいましたが、この冬は灯油価格の高騰により、石油ストーブの炎は加減したいところでもあるでしょう。

そこでこの冬は、「薪ストーブ ・ ペレットストーブ」が、ひそかに人気を呼んでいるらしいですね。

私どもでは昨年新築したお客様のお宅、そして弊社の事務所にも「薪ストーブ(ダッチウエスト)」を設置していますが、その暖かさは格別です。

部屋が暖まるまでの時間は多少必要ですが、一度暖まると快適な暖かさが持続しますし、吹き抜けなどのある大きな部屋には、この薪ストーブに勝る暖房はないのではと思います。

しかし、この薪ストーブで一番のご苦労は、薪の準備のようです。

近頃ではホームセンターなどでも販売しているようですが、セルフでの薪作りが安上がりでしかも、楽しいライフワークの一つとなるようです。

私どもはそんなライフワークを応援するため、原木薪丸太供給のお手伝いもしています。

 

ホットマン部屋のつくりや周囲の環境により、薪ストーブの設置は困難な場合が多いですが、薪ストーブと同じように部屋の中がクリーンな温風暖房機(温水ルームヒーター)に「ホットマン(富士通ゼネラル)」があります。

先にリフォームしたお客様のお宅に設置しましたが、こちらも好評を得ています。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 00:07コメント(2)トラックバック(1)エコロジー・スローライフ | 地域の情報 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. アトピッコハウスはチームで参加します  [ はいからさんがまかり通る ]   2005年12月09日 16:41
5 松島さんがブログで『住宅の建て替え年数が「日本=26年」に対し「英国=141年」』と、紹介されていた背景には、

コメント一覧

1. Posted by 大島です   2005年12月13日 08:52
松島さん こんにちは。島根も本格的な冬到来で雪が降っています。薪ストーブ、島根でも少しづつ口コミで広がっています。床暖房と一緒で輻射熱は快適ですね。
2. Posted by (匠)松さんです   2005年12月14日 08:16
大島さん、こんにちは
この冬は、まだ12月半ばというのに、この真冬並みの寒さは異常です。
年が明けると早い春が来るかもしれませんね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ