2005年12月07日

「イギリス」と「戦前の日本」に共通するもの

“自分らしさ” “真の豊かさ” 持てますか?

過去ログ短命日本住宅寿命」にてお伝えしましたが、住宅の建て替え年数が「日本=26年」に対し「英国=141年」と、日本と英国では大きな隔たりがあります。

ここ30〜40年ほどの日本人は、住宅に限らず 新しい物好き、そして使い捨の生活習慣がまかり通ってきた世の中でありました。

一方の英国は、古道具や骨董品などの中古市場が活発で、古くても価値のあるものを見出せる、そんな文化が定着しているようです。

(みんなと同じでないと不安な日本人と、自分らしさを大切にするイギリス人)

このことは同じ新品を購入する場合にどんな差が生まれるかといえば、日本においては、薄っぺらな張り物でも見た目が良いものが流通し、英国では丈夫で長持ちする重圧な本物が流通することになります。

建て替え年数の26年と141年は、あまりにも差が大きすぎるものですが、日本においても戦前の住まいは100年200年当たり前のものであったわけです。

英国でも戦前の日本でも、住まいを長持ちさせるために必要なことは、「本物の材料を使い、手入れ(メンテナンス)を大切にし、使いこなして行く」ことが何よりであったようです。

 

もはや今後はスクラップアンドビルドの住宅は無用で長寿命の住宅が必要であり、丈夫で価値ある家造りに、英国そして戦前の日本の技術精神を多いに学び、これからの家づくりの参考となるよう、引き出せればと考えています。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 00:00コメント(4)トラックバック(0)家づくりのコラム | 家づくりのコラム 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 北村です   2005年12月07日 20:14
最近ご無沙汰ばかりで恐縮です。
コチラこそ情報誌お送りいただきありがとうございます。そしていつも応援有り難うございます。
「古くても価値のあるもの」をいい形で
アレンジしていきたいなと思いつつ、日々が
過ぎていってしまいます。(泣)頑張らなくては!
2. Posted by アトピッコハウスMrs.アン   2005年12月07日 20:26
アトピッコハウスは「3代続く街づくり」を千葉大と計画しています。その中で古い物を大事にする気持ちも必要だけれど、固定資産税等々がクリアしないと、実現しないよね〜、という難問にぶち当たるんです(泣)。鎌倉の街が変化してしまうのも、ここが大きい。でも!みんなの価値観が変化すれば、こういう問題は後からついてくるハズ。せめて、樹木が生育に必要な期間以上、その家を使ってもらえるようになるといいですよね。

あ、でもアマゾンで数年で成長してしまうような木材ばっかり使ってると話が混乱してくるけど‥。
3. Posted by (匠)松島です   2005年12月07日 21:44
北村さん、こんばんは。
充分頑張ってますよ、北村さんは!
私のお手本ですから。
4. Posted by (匠)松島です   2005年12月07日 21:52
アンさん こんばんは!
固定資産税・相続税と、古くて価値のあるものを残したくても、残せない障壁もありますね。

「せめて、樹木が生育に必要な期間以上、その家を使ってもらえるようになるといいですよね。」
おっしゃるとおりデス!最低でもここまでですよね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ