2005年10月02日 11:16

LOHAS

皆さん“LOHAS”をご存知ですか?

LOHAS(ロハス,ローハス)とは、米国の社会学者ポール・レイ氏と心理学者シェリー・アンダーソン氏が提唱した  Lifestyles Of Health And Sustainability の頭文字をつないだ造語で、一般的な説明では、「地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共存共栄できる持続可能なライフスタイルと、それを望む人たちの総称」としています。

Lohas/ロハスクラブ → http://www.lohasclub.jp/

 

また、LOHAS層は現在日本人の30%近くを占め、その層の特徴としては、

         健康と環境に感心が高く、実際の行動に移す。

         社会的課題にも高い意識。

         自己啓発、精神性の向上に感心が高い。

 と、されています。

 

LOHASという言葉は、一般にはまだまだ認知度が低いものです。しかし、情報化社会の現代ですから、これから一気に浸透し始め、今後のライフスタイルのトレンドになる様子を示しています。

「週間フナイFAX」においても、LOHASにビジネスチャンスあり」と題し、2週続けて取り上げています。

また、その一部を紹介(引用)しますと、

日経MJが選ぶ「2005年上期ヒット商品番付」において西の大関を獲得。

団塊の世代が60歳を迎える、2007年には一気にブレークする。

情報革命の後には、ロハス革命が到来する。

ロハスとエコの違いは、

      ロハス・・・エコ的要求度だけでなく、エゴ的要求度も高い

      エコ・・・エコ的要求度が高く、エゴ的要求度は低い

ロハスが注目を集める理由は、エゴとエコの良い面をマーケティングに取り入れ展開していること。

などです。

 

LOHASについては私もまだまだ勉強中ですが、「未来の子供たちのためにも持続可能な社会を残すこと」それが我々の使命でもあります。 今後も家づくりを通じて情報を発信して行きますので、応援お願いします。

最後までお読み下さりありがとうございました。

人気ブログランキングに投票 

 

「地産地消の木の家づくり トップへ▲



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 井上幸一   2005年10月02日 11:56
コメントありがとうございます。私は木材屋ですが「古材」は木の良さを伝えるいい資材だと考えて全国での流通に一生懸命取り組んでいます。
2. Posted by 北村です   2005年10月02日 18:33
ロハスを理解するには少し時間が入りそうですね。
でも本当に耳にすることが多くなりました。本当に2007年以降のブレークはあるのでしょうかね?
ともかくエコ意識に比べてブランド力を持っているような気がします。常に意識はしていこうと思っています。
3. Posted by 健作夢通信   2005年10月02日 18:43
松島さん こんにちは。松島さんは、私の知らない情報を提供され、とても参考になります。意識の高い松島さんを尊敬しますよ。
4. Posted by (匠)松島です   2005年10月02日 22:52
井上さん、
古材には古材にしかない価値がありますので、木の良さを伝える一つとしても、全国流布に頑張って下さい。
5. Posted by (匠)松島です   2005年10月02日 22:56
北村さん、大島さん、
皆さんの意識は立派なロハスです。
これからも時代を引っ張り、健全な家づくりを進めていきましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ