2005年09月28日

杉に無駄は無かった!

先日、和瓦屋根の葺き替え(コロナ屋根材に)工事を行った事を報告したが、築50数年の屋根下地には「杉皮」が使われていた。 驚いたことにこの杉皮は、瓦の下で50数年経った今でも腐朽・虫害の痕は見られず、瓦材と同じく耐久性の凄さを感じた。

 

杉皮屋根下地現在のように屋根下防水紙にアスファルトルーフィングが使用される以前は、こうして杉皮が使われていたのである。 今では建築材料に外材や石油製品が氾濫した世の中となってしまってはいるが、40年程前まで杉の木はとても貴重な建築材料として、構造材から板材に至るまで使われていた。 そして皮は剥かれて屋根下に、小径木は足場材として使われ、無駄無く利用されていたのである。

 

そんな杉材も、今では安価で売れない!伐れない?杉の木となってしまい、「容易に搬出できない場所、或いは40年以下の若い樹齢の木などは、伐採しても山に放置されたままの状態」 また、「山そのものが放置され、手入れがされていない森林が多々ある」 それが今の日本の木材や森林の現況なのです。

 

環境保全や循環型社会を考えていく上で 「日本の林業が生業としてやっていけて、森林の再生産が可能となる木材価格にすること」 それが今の日本の課題となっているわけですが、家づくりや森林づくりに関わる私たちは、せめても日本の木を活かして住宅建築に活用することが必要と感じているわけです。

今後も、日本の現況や日本の木材の素晴らしさを発信し、ユーザーの皆さん方においても多く活用して戴けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。

人気ブログランキングに投票 

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 07:34コメント(8)トラックバック(1)木と山の物語  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 儀式  [ 古材屋の温故知新 ]   2005年10月02日 07:04
日本の伝統の木造住宅の建前。 ヴィンテージホームです。http://ameblo.jp/vintagehome/ おかげさまでいい天気でいい建前でした。 最近はメーカーに全部お任せで「儀式」を全くしない場合も多いようですが 私は全くしないのは反対です。 一生に何度もない家造...

コメント一覧

1. Posted by 健作夢通信   2005年09月29日 06:37
松島さん こんにちは。杉皮はそんなに耐久性があるのですか。木は素晴らしいですね。

とてもいいお話ありがとうございました。
2. Posted by 富士見村人   2005年09月29日 23:35
松島様
ブログはいつも拝見しているのですが書き込みは久しぶりです。ゴメンナサイ。
生物材料はエライ!と思わせる感動的な?話ですね。好みの問題ですが、私も表面は退色しても一皮剥くと息付いているような家に住みたいと思っています。
今は合併浄化槽の処理水でビオトープみたいなものが作れないか情報収集中です。
3. Posted by (匠)松島です   2005年09月30日 00:06
大島さん、
昔の家は、隅々に息吹を感じるものがありました。
そして、住まい手が手入れをしながら長持ちさせて行ったのですね。
4. Posted by (匠)松島です   2005年09月30日 06:37
富士見村人さん、お久しぶりです。
書き込みお待ちしていました。

富士見村人さんの仰る「好みの問題」も、最近は、
「安くてメンテナンスフリー」といった傾向になり、生きた材料が敬遠されているようです。
でも逆に、少しずつではありますが、見直されてもきています。

生活排水の汚染は「界面活性剤」が、一番の悪者のようですが?
5. Posted by 富士見村人   2005年10月01日 22:26
浄化槽ビオトープについてはこのサイトで勉強させてもらっています。今度見学させてもらうことになっています。
http://www.cvl.gunma-ct.ac.jp/~aoi/aoihtml/index2.html
よかったら覗いてみてください。
6. Posted by (匠)松島です   2005年10月02日 08:24
富士見村人さん、
情報提供ありがとうございます。
ビオトープについて、近くで研究している素晴らしいところがあるのですね。
生活雑排水の浄化については、こちらでも炭やEM菌の活用を試みたようですが、決め手を欠いています。
山村地域においては、「ビオトープ」勉強の価値がありそうですね。
7. Posted by 修ちゃん   2005年10月04日 03:35
杉皮の屋根下地の話良かったです。私の父も大工さんで戦後は、杉皮を屋根材としても使用していたという話をしていました。上手な職人さんが葺いた屋根は、すごく綺麗だそうです。15年〜20年ぐらいはもったそうです。木は、捨てるところなく使っていたんですね。

余談ですが、屋久島に行ったときに屋久杉を屋根材として(素性の良い木を板状に裂いて)幕府に納税していたという説明を受けました。屋久杉は普通の杉の倍長持ちしたそうな。
8. Posted by (匠)松島です   2005年10月04日 07:54
修さん、コメントありがとうございます。
屋久杉は、まさに年輪の塊りといったような木で、その年輪の数だけ長持ちしそうな、凄い木ですよね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ