2005年09月22日

安心リフォーム

先月の記事「安心して任せられる・・・」でお伝えした、花園町の叔父邸リフォーム工事が決まった。

来月から工事が始まり、内装の壁と天井には、ゼロホルムの健康素材を活用する予定でいるので、ご紹介します。

はいからさん

 

まず壁材ですが、神奈川県横浜市において“アレルギーフリー住宅”を推し進めています「アトピッコハウス(株)」さん(後藤坂社長)により開発され、この6月より販売が開始となった、珪藻土「はいからさん」です。

 

実はこの「はいからさん」、従来の珪藻土壁材と比べ、こんなにまで進化した優れものなのです。



● 究極の珪藻土壁材「はいからさん」

昨今の自然素材ブームの高まりと同時に、現在の住宅市場に「珪藻土系壁材」が、多く出回っている。その「珪藻土」自身は多孔質であって、調湿効果や空気の浄化作用を発揮し、健康素材として充分なものではあるのだが、この「珪藻土」は、粘土のように自ら固まる性質ではないために、凝固材を混ぜなくてはならならないのである。

 

 そのため

凝固材に何が使われているか?

珪藻土の混合割合がどの程度か? 

2点が「珪藻土」の性能を左右する大きな目安とされている。

 

 いわゆる、

凝固材に化学物質が使われているもの。

凝固材や他の混合物質により珪藻土の多孔質をふさいでしまうもの。 

珪藻土の割合が極めて少ないもの。 

などのまがい物が、市場に多く出回っている状況といえる。

 

さて、そこで今回ご紹介します珪藻土「はいからさん」だが、その大きな特徴は、凝固材に「にがり」「酸化マグネシウム」を使用することである。

にがりの主成分である「塩化マグネシウム」と「酸化マグネシウム」は、水によって混ぜ合わせると化学反応により硬化し「マグネシアセメント」となりる。 

この「マグネシアセメント」はメッシュ構造で軽量で強度も高く、明治・大正期には洞潤会アパートや渋沢記念館など、多くのところで使われていた素材で「歴史と安全性を持つ材料」ともいえる。

 

この優れものの「はいからさん」は、珪藻土の特性を損ねないため、一般の調湿左官材と比べ3倍以上の調湿性能があるといわれている。 

また施工に関しては硬化が始まるまでに時間がかかるため、練り置きが可能なこと、そして塗ってからの手直しも充分に可能であるため、素人にでも塗ることができるそうである。

 

天井の建材の仕様は「すっぴんクロス」ですが、こちらのご紹介は次回お届けします。

 

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。

このところブログランキング落ち込んでますので、応援のクリックお願いします。

 人気ブログランキングに投票 

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 12:53コメント(2)トラックバック(0)本物の健康住宅づくり | リフォーム 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 健作夢通信   2005年09月22日 14:19
松島さん こんにちは。いよいよ「はいからさん」と「すっぴんクロス」の登場ですね。楽しみにしていますよ。
2. Posted by (匠)松島です   2005年09月23日 07:07
大島さん、おはようございます。
「はいからさん」も皆さんお使いになり始め、評判も上々のようですね。
お客さんにも喜ばれて何よりです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ