2005年09月15日 00:15

使ってみました「コロナの屋根材」 4

和瓦葺きの築五十数年のお宅の屋根も、屋根下地の瓦桟などが傷み始め、若干の雨漏りが始まったために屋根替えを行うことにした。

 (日本の民家と瓦屋根)

新しい屋根材はこれまでと同じ和瓦(桟瓦)であれば、風情と家の重みがあって芳しいようだが、地震などの備えを考え、耐久性を備えた上で屋根重量の軽いコロナの屋根材に葺き替えることにした。

 

この家の屋根重量は、今までの瓦葺きの場合8トン程あったのだが、コロナ葺きに変えると5分の1以下の重さとなり、とっても頭が軽くなり耐震性能に関しては、かなり向上した筈である。

耐久性も30年保障であり、雪止めが不要なところも魅力の一つだ。

 

屋根屋の星君この画像は「屋根屋はつらいよ!」でご紹介した、斉藤屋根工事店のはつらつ婿さんである星君です。

台風一過の残暑厳しい中での屋根替え作業であった。

 

 

コロナ屋根葺き斉藤屋根屋さんにとっても今回このコロナ屋根材は初めての施工であったが、施工的にはスピーディーであって屋根材の屋根揚げ作業なども非常に楽であり、しかもしっかりした素材であったので、このコロナ屋根材に太鼓判を押して下さった。 

 

コロナ屋根棟換気こちらの画像は棟換気の様子ですが、小屋裏にこもった暖気を外部に排出する棟換気も取り付けられ、また前回の「屋根のリフォーム」でもご紹介したように、コロニアル屋根上に直張りも出来る優れものである。

 

 

私も本来ならば屋根材においても地場のものや伝統的なものをお奨めしたいのだが、和瓦などにおいてはやはり重量があるため、基になる建物自身地震自信を持てない場合は、このコロナ屋根材は大変にお奨めである。

 

今回は駄洒落でのオチとなりましたが、最後までお読み下さりありがとうございました。

今日もお一つ 人気ブログランキングに投票 宜しくお願いします。

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 全国500万戸 瓦に石綿!(アスベスト問題 )  [ [健作夢通信] 島根の建材店 頑張ってます! ]   2005年09月15日 10:16
松島さん コロナ屋根材使われたのですね。こちらも、見積がたくさん入ってきて忙しくなりそうです。

コメント一覧

1. Posted by せいさく0319   2005年09月18日 14:18
せいさく0319と申します。
掲載されている日記を興味深く拝見させていただきました。事後の御連絡となりましたが、当方の記事にリンクをはらせていただき、日記を紹介させていただきました。

リンクをはらせていただいた件について、何か差しさわりがございましたら、その旨、御連絡ください。何分、ブログ初心者なもので、ご容赦ください。

また、よろしければ、今後とも、そちらのサイトを拝見させていただくつもりです。よろしくお願いいたします。

せいさく0319 
サイト名 気になるブログ10件
mail:noguchi0319@mail.goo.ne.jp 
http://plaza.rakuten.co.jp/kininaruburogu10/
2. Posted by (匠)松島です   2005年09月19日 06:48
せいさく0319さん、
当記事のご紹介ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ