2005年09月03日

陶器と良寛書の館 2

陶器と良寛書の館0

 

わたらせ渓谷鉄道の沢入(そうり)駅を下車して、徒歩で2分のところに「陶器と良寛書の館」があります。

 

 

陶器と良寛書の館03当館は東村出身の実業家であり、名誉村民でもある松嶋健壽(まつしまけんじゅ)氏のコレクションを一般公開しています。

 

 

陶器と良寛書の館011階は陶器コーナーとなっていて、北大路魯山人(きたおうじ ろさんじん)や人間国宝・島岡達三(しまおかたつぞう)の作品ほか、常滑焼、有田焼、美濃焼など日本各地や東南アジアの陶磁器が展示されています。

 

陶器と良寛書の館02

 

旧家の急な階段を上がり、2階は書のコーナーとなっていて、良寛直筆の屏風や掛け軸が鑑賞できる。

 

 

 

陶器と良寛書の館04

 

また、同館は昔の民家を改装した建物であり、陶器や書のほかに、古民家などに興味のある方などにも充分に楽しめることかと思います。

 

 

本日もお越し下さりありがとうございます。

人気ブログランキングに投票 宜しくお願いします。

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 00:16コメント(3)トラックバック(0)地域の情報  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 茜依子   2005年09月03日 13:29
素敵な場所があるんですね。
とても静かな場所なんでしょうね。
こう見えても、美術品は大好きです。
昔の民家を利用していると言うのは風情がありますね。
行ってみたいです。
2. Posted by (匠)松島です   2005年09月04日 03:18
茜依子さん、ありがとうございます。
ここは私の地元で、直ぐ近くです。
来館者も富弘美術館から比べると、非常に少なく地味なんですが、展示品は結構それなりのものが置いてあります。
今度機会がありましたら、是非遊びにいらっして下さい。
3. Posted by 茜依子   2005年09月05日 07:51
今日もクリックに参上いたしました。
また、夜、覗きにきます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ