2005年08月23日

石綿(アスベスト)による健康被害 3

 今日は神奈川県の綾瀬市に住む叔父のところまで、病気見舞いに行ってきました。

 

叔父は10年ほど前に川崎市の製鉄会社を定年退職し、その後は悠々自適な生活を楽しんでいたのですが、今年の5月辺りから体調不良を訴え、伊勢原市の大学病院で検査を受けた結果「悪性胸膜中皮種」との診断を下されました。 これまで何度か肺に溜まった1,0002,000ccの水を抜き、現在は週に一度の抗がん剤を点滴し治療を受けているようです。

叔父のこの病気はアスベストによる健康被害らしいですが、勤務していた製鉄会社において、40年以上前にパッキンとして石綿を使用し、それから飛散したアスベスト粒子の吸引被爆により発症したものらしいです。

 

「静かな時限爆弾」といわれるアスベストによる健康被害が、今年の7月頃より連日新聞やテレビなどで報道されていますが、その代表的なものには「アスベスト肺(塵肺)」「肺癌」「悪性中皮種」などです。

そして今回特に問題となっているのが「悪性中皮種」であって、若い時期にアスベストを吸い込んだ人のほうが悪性中皮腫になりやすいらしいです。

潜伏期間は2050年で、およそ40年が発症のピークであるといわれているため、30年ほど前がアスベスト使用の全盛期であったことから、この病気は今後が発症のピークを迎えるといえるようです。

 

また、「住まいの中にあるアスベスト対策」については、建材(ボードや吹き付けなど)にアスベストが使われているということで、危ないからとそれを素人がむやみに取り除こうとすることが一番危険です。

肝心なことはアスベストの粉塵が飛散することが一番危険な状態であるわけで、そっとしておく分にはそれほど大きな心配ではなく、またアスベストを含んだ建材があること自体も大きな問題ではないと認識することが大事だと思います。

 

そして最近新たに、これらアスベスト被害の不安に付け込んだ悪徳業者の横行が報告されていますので、

「屋根或いは外壁にアスベストが使われていますので見せて欲しい。対策します。」

などと、もし訪問業者が来た場合は、是非冷静に判断して対処して下さい。

 

現在使用が許可されている建材や日用製品の中にも第二のアスベストなるものも多々見受けられますが、今後は国と業者と消費者が更に安全性を第一に認識し、連携を図っていくことを求めていきたいと思います。

最後までお読み下さいまして、誠にありがとうございました。

今日もお一つ 人気ブログランキングに投票 お願いします。

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 23:48コメント(4)トラックバック(0)最近の話題・情報  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 健作夢通信   2005年08月24日 06:49
松島さん こんにちは。身近な方がアスベスト被害者とは驚きました。以前、屋根材のメーカーの人が日本はアメリカに較べて、アスベストに対する措置が非常に遅れている、これは国の責任だと言っておられました。本当に、被害が出てから騒ぐ日本の体質ですね。
2. Posted by (匠)松島です   2005年08月24日 18:22
大島さん、ご訪問ありがとうございます。
叔父は余り良い病気でないらしいとは聞いていましたが、アスベストによるものだったとは私も驚きました。
「疑いのあるものは使うべからず」という体質が日本には薄く、
「疑いのあるものでもみんなが使っていれば安心してしまう」のが日本のようです。
「電磁波の影響」などはその典型みたいです。
3. Posted by 茜依子   2005年08月24日 22:55
昨日アスベストのことに関するニュースを見ました。
健康被害の問題が深刻ですね。
ご親戚の方に被害者がおられるとさらに身近な問題として感じられるのではないでしょうか。
私、今日あるゼネコンの社員の方から聞いたのですが、社内に急遽アスベスト対策室と相談センターができたそうです。かなりの数の電話がかかってくると聞きました。
健康に良い材料を、建築をするものが吟味しお客様に情報を提供する必要性を改めて感じております。
4. Posted by (匠)松島です   2005年08月25日 08:23
茜依子さん、おはようございます。
アスベストによる健康被害は、これからがピークを迎えるようで、不安に思っている方も多々いらっしゃることと思います。
叔父の例など、30年ほど前は色々なところでアスベストが使用されていたようですので。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ