2005年08月08日

短命な日本の住宅寿命 3

本日もお越し下さり、ありがとうございます。今日は短めにまとめたいと思います。

 

これは先進5ヶ国の住宅の年間着工数と既存総数を年間着工数で割って求めた住宅寿命(更新周期)の指標です。 毎年、建築廃棄物の山を築くスクラップアンドビルドの日本の住宅事情が顕著に窺えます。

 

2000年)

日本

英国

米国

フランス

ドイツ

年間着工数

23万戸

16万戸

109万戸

30万戸

33万戸

建て替え年数

26年

141年

103年

86年

79年

 

日本人の寿命は世界一ですが、日本の住宅寿命はなんと、最低だったのです。

欧米の事情に詳しい方はお分かりになると思いますが、欧米では築70年、80年の住宅は当たり前で、中古住宅市場も活発です。 一方、日本の住宅は20年も経つと、建物の資産価値は0(ゼロ)で地べたの価値のみという事になってしまいます。

 

では、何故 日本の住宅は先進諸外国に比べ寿命が短いのか、幾つか掲げますと、

        日本の高温多湿の夏季、そして長い梅雨が住宅の寿命を短くする

        スクラップアンドビルトを前提とした商行為が一般化している

        年数の経過と共に劣化する素材を使用している

        日本人は自分で家の補修・メンテナンスをしない

        日本の住宅の中古住宅市場が一般化していない

 

しかしこれらは総て戦後の昭和30年以降から現在までの事情であり、もともと日本の住宅は100200年の寿命は当たり前であって、それは素材に骨太の無垢材など経年と共に味わいと愛着のある素材を使用し、住宅を普段から手入れしながら長持ちさせ、住宅を財産として受け継がれてきたのが本来の日本の家でした。

 

いづれにしてもこれからの家づくりは、従来のスクラップアンドビルトから脱却し、見かけだけの強さや快適性・デザイン性を追及するのではなく、サスティナブルな形態で住まいから真に豊かさを味わえるものを、住まい手と造り手が共に造り上げて行く努力が必要です。

 

最後までお読み下さいまして、誠にありがとうございました。

今日もお一つ 人気ブログランキングに投 お願いします。

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 21:06コメント(10)トラックバック(0)家づくりのコラム  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 健作夢通信   2005年08月09日 09:19
松島さん こんにちは。今日の内容、とても参考になりました。データとして残しておきたいくらいです。住宅の短命を喜んでいるのは、住宅メーカーでしょうか。
2. Posted by 中鉢でした   2005年08月09日 14:46
松島さん こんにちは
中古住宅の保証制度などがやっと確立されてきて、少しずづではありますが
『すぐ壊す!』から長く住まいと共に生きる
方向に向かっている様です
私たちにとって住宅は『生き者』ですね
長生きする住宅づくり 心がけたいものです
3. Posted by 茜依子   2005年08月09日 17:10
松島さん、こんにちは。
大島さんのブログのコメントを見て訪問しました。
消費生活コンサルタントの発表会で、住宅の廃棄物問題を取り上げたことがあります。
スクラップアンドビルドによって住宅のゴミ問題は馬鹿にならないですね。
住まい手が手入れ売ることで、大切なわが家を長く大切に守る心がけは大事だと私も同感です。
4. Posted by (匠)松島です   2005年08月09日 17:48
大島さん、毎回ありがとうございます。
私のブログも夏バテ気味ですが、大島さんの頑張りに気を引き締めて頑張っています。
5. Posted by (匠)松島です   2005年08月09日 17:51
中鉢さん、こんにちは。
“住宅は『生き者』”まったくその通りだと思います。
しかし、生かすも殺すも「造り手・住まい手といった“人”」次第ですね!
6. Posted by (匠)松島です   2005年08月09日 18:05
茜依子さん、ご訪問ありがとうございます。

昨年、築300年の古民家を改築するのに一部取り壊しをしましたが、殆どが土か灰に戻る素材でした。
また、栗の柱などは再利用も充分に可能なものでした。
ところが最近の住宅を取り壊す場合は、罪悪感のようなものが沸きます。
7. Posted by 茜依子   2005年08月09日 18:58
松島さん、
スガじいさんにも指摘されております。
実はランキング名と題名が違います。
「大公開 マル秘 家づくり成功法」というのがありますがこれです。
50位内にはあります。
ブログ再開したときに変更をかけたのですが、修正できずそのままです。
19日にある方があったときにどうにかしてやろうと言ってくれているので、20日に変わるかもしれません。情けない私です。アホと言ってやってください。(トホホ・・・)
8. Posted by アトピッコハウスMrs.アン   2005年08月09日 19:34
松島さん、コメントありがとうございます。

私のカナダに住む友人も築130年の家に住んでますよー。日本も、そんな風に暮らせるようになるといいですね。地震があるから難しい部分もありけどー。
9. Posted by (匠)松島です   2005年08月10日 07:28
毎日更新の茜依子さん、凄いです!
私のランキングは70位前後をうろうろしています。
10. Posted by (匠)松島です   2005年08月10日 07:49
アンさん、ありがとうございます。

< 地震があるから難しい部分もありけどー。

でも、日本で100年の間に地震で崩壊したり、建て直さなければならない住宅は、0.1%にも満たないですよ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ