2005年07月24日

デザインは洋風?カントリー風? 2

日本列島に台風が接近していますが、この時期に南海上の台風が素直に北上してくるということは、夏の主役である「太平洋高気圧」の勢力が弱い証拠であり、今後もこの状態が続くようであると私の予感通り冷夏になります。


私どもは“地産地消の木の家づくり”ということを掲げて家づくりをしていることから、「昔風の民家住宅」「山荘・山小屋風のワイルド的な住宅」と言ったような家を建てているイメージを持たれているようです。

確かにそのような住宅も、私どもの家づくりの一つにありますが、そんなイメージから先日非常に残念な話がありましたので、私どもの家づくりについて改めてご理解をお求めいたします。

 

数日前に私の友人に会う機会があり、そこでこんな話を聞かされました。

 

友人 『実は今度、自分の家を建てることを決めたんだ!本当なら松さんに頼むところなんだが、どうしても妻が昔からカントリー風の家を建てることが夢なんもんで、ツーバイホーの○○○ーホームに依頼しちゃたんだよ。』

 

私も確かにこれまでカントリー風の住まいは建てたことはありませんが、我々にとって外観や内観のデザインなどは小手先一つでどうにでも変えられるものなのです。

例えば、杉の板壁一つをとっても「縦張り・横張り・腰板張り・目透かし張り・・・・・」などの、張り方や板巾の違いなどによって和風イメージから洋風・カントリー風といったイメージにもなりますし、壁の色や模様そしてスタイルなど、内外観のデザインを○○風にというような希望に沿うことは、そう難しいことではありません。

ただし、何処〃のハウスメーカーと同じようなグレーのサイディングによる外観や、自然の風合いを活かしきれないデザインなどは気が進みませんことは、承知願います。 和洋デザイン

 

【ここのお宅などは、和風とも洋風ともいえるような微妙なデザインですが、どんなデザインを好むにしても、雨と日射の問題から「軒の出」だけは充分に確保することをお奨めします。】

 

 

『私どもの基本としている姿勢は、地場の木材と自然素材を活用し、住まい手のスタイルに合わせて住まい手と共に建てる、住むほどに価値の高まる家づくりです。』

 

車などと同じように「購入する住宅」は消費財と同じです。住んでいて愛着が沸き、家族の幸福を築くことが可能な、そんな住まいが出来てこそ日本の未来が開けると、家づくりに関わってきた私の思いです。

 

人気ブログランキングに参加していますので、本日も応援よろしくお願いします。

お帰りの際には一つクリックして下さい。 人気ブログランキングに投票

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 23:00コメント(6)トラックバック(0)ぼやき・つぶやき  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 三代目   2005年07月25日 23:24
松さん、コメントありがとうございます。
友人と言えども、松さんの日頃考えられている「家作りへのこだわり」は理解できなかったのは残念だと思います。でも、それを理解してもらえるツールに「情報誌」があるのかもしれません。頑張りましょう!
2. Posted by 富士見村人   2005年07月25日 23:28
松島様
お金で買えるモノといえどもそれぞれの成り立ちと心があるのに、ミテクレばかりを重視してしまった食い散らかし型の消費に陥ると、味わいを忘れた浪費地獄になってしまいますね。
まして単なるモノではなく身体の延長とも思えてくる住まいですものね。
料理だって出来合いや外食よりキャンプのカレーライスですよ。
3. Posted by (匠)松さんです   2005年07月25日 23:48
三代目さん、ご訪問ありがとうございます。
「家づくりへのこだわり」も“ひとりよがり”にならないようにします。
ブログも情報誌もとりあえずは「継続」ですね。
三代目さん、今後もよろしくお願いします。
4. Posted by (匠)松さんです   2005年07月26日 00:12
やっぱり「富士見村人」さんは、住み手の達人ですね。
「住まい」について、私はまだまだ勉強中というか思考錯誤しているところですが、住まい手のニーズも造り手の方向も「より便利に!より快適に!」ですが、1割やそこらの部分で「使いづらさや厳しさ」があったほうが、人間らしさが養えると思います。
“つくることを考え、つくることに参加する”から旨い「キャンプのカレーライス」であり「愛着の我が家」ですね!
5. Posted by トムからのお手紙   2005年07月28日 08:48
松さん、こんにちは。
私も杉板の表情は大好きです。
(パインはいまいち好きじゃないですけど・・・)
うちに見学に来るお客さんも杉板の表情が好きになる方は多いですよ。
お互い、見せかけだけの「○○調」からお客さんを守ってあげましょう!
「地場の木材と自然素材の家」絶対に負けないと思いますよ。

さて、そろそろ自分のブログを更新しないと・・・
6. Posted by (匠)松さんです   2005年07月28日 23:56
仙台のトム(クルーズ)さん、こんにちは
トムさんも素晴らしい家をお造りですよね。
コンセプトもしっかりしていて、見習うべきことが多々あります。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ