2005年07月16日

セカンドライフ 〜田舎暮らしに挑戦〜

昨夜はパソコンを始めようとしたら「やばい!」 雷が鳴り始めたために投稿が一日遅れました。

昔は梅雨末期に雷が鳴ると「梅雨が明けた!」と、言われたものだが梅雨明けは近いのかな?


さて、今回は前回の予告通りに「セカンドライフを楽しむ斉藤元船長さん」の現在の様子をお届けします。

斉藤船長5

 

とにかく前回の写真と見比べて頂ければお分かりのように、4年間ですっかりと辺りの木が生長し、セカンドハウスの周りも雑木林が形成されつつあります。

 

 

 

斉藤船長

斉藤船長1

玄関入り口に向かう手前には、木のトンネルのアプローチが出来て、それを潜りセカンドハウスへと向かいました。  

角ログのセカンドハウスも既にしっかり完成し、現在は家の手入れや周りの草刈などで悠々自適に生活しています。 

 

斉藤船長3

斉藤船長4

 

色々とアンティークなものをお集めになっていて、斉藤さんのこだわりと多才な嗜好が窺えました。

 

 

斉藤船長2

 

家の直ぐ脇には山からの清流が流れていたり、または時々間近に鹿の姿が見ることが出来たりと、まさに大自然を満喫したセカンドライフといえるようです。

 

 


「あなたも自然と戯れたセカンドライフを挑戦しませんか!」

 

セルフビルド・田舎暮し・自給自足・・・などなど皆さん、是非一度斉藤さんのセカンドハウスを訪れて、斉藤さんのお話を伺い、手ほどきを受けてみませんか。

また、田舎暮しの土地をお求めの方には、私が近くの候補地を数箇所ご案内もいたします。

 

■ お問い合わせはこちら→松島匠建  

■ 田舎暮しの土地に関する情報はこちら→土地家屋情報サイト

 

本日も応援よろしくお願いします。→ 人気ブログランキングに投票 

 

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 01:27コメント(2)トラックバック(0)田舎暮らし情報  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 富士見村人   2005年07月16日 13:27
松島様
昨晩の雷では停電し、10分くらい復旧しませんでした。この夏2回目です。以前町住まいの時は落雷しても一瞬の停電でした。当地は代替回線が無いのかもしれません。
元船長さんのパワー脱帽ですね。ロビンソンクルーソーにあこがれたのですかね。
2. Posted by (匠)松島です   2005年07月16日 17:09
富士見村人さん こんにちは。
「雷と空っ風」は上州名物ですが、昨晩は場所によっては凄い雷雨のようでしたね。
こちらはさほどの雷雨でもなく、停電にはなりませんでした。

斉藤元船長さんの凄いところは、出来る出来ないよりも「すべてを楽しんでいる」ところだと感じます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ