2005年07月07日

アンビリーバボ体験

今日はちょっと家づくり関係から離れ、私たち家族のアンビリーバボ体験の記事を載せます。

まあ、不思議というか面白いというか我が家のうちわ話となりますが、今回はほんの息抜きのつもりでお付き合い下さい。


 
それは今年のお彼岸の話ですが、お彼岸の中日(3/20)に当家において先祖のご供養(法事)を行った時の話です。

親類縁者をお招きし、午前の11時から供養と粗宴を施し、それらはすべて無事に終了しました。

私には2人の妹がいて、直ぐ下の妹家族が夕方まで我が家で一休みしていました。

妹家族は太田市(我が家とは5060kmの距離)に住み、妹夫婦に娘2人、そして愛犬の「ももちゃん」でした。

 

夕方になりそろそろ帰宅の準備ということで、一足先にその「ももちゃん」を自家用車(ホンダのオデッセイ)に乗せておきました。

さて、それではそろそろ帰ろうかとしたところ

「アァー!大変だ!」

と、妹の声が。

一人(一匹)で車の中にいた「ももちゃん」が、運転席にて外を見てはしゃいでいたためにドアロックを押してしまいました。

さぁー、どうにかして外からロックを解除しようとしたが、今の車は素人には無理でした。

修理屋さんを頼むといっても日曜日であり、またここは山の中の田舎のため心当たりもありませんでした。

「駄目だね!合鍵を家から誰かに届けてもらうしかないな(しかし、1時間半はかかる)」

と、半ば諦めかけていましたところ、私がうちの長男に、

「おい!樹生(たつき)!うちの車(ホンダのステップワゴン)の鍵を持ってきて開けてみなよ」

と、冗談交じりに言いました。

みんな口をそろえて

「そんなの絶対無理だよ!」

と、私も「あかる訳ないよな」そうは思っていました。

長男の樹生が鍵を持ってきて試したところ、なんと見事に鍵が開きました。

「無理やりにこじ開けた」のか、それとも「超能力でも使ったのか」と、私は一瞬思いましたが、2つの鍵を見比べたところ、なんと4桁の鍵番号がピッタリと一致していました。

 

兄弟同士の自家用車の鍵が、まさかそっくり同じだったとは驚きでした。

それがたとえ同じでいてもそれに気付かないで終わってしまうのが普通ですが、偶然が重なって起こった可笑しな不思議なお話でした。

 

今日は変わりネタを出してきましたが、いつもと同じく応援お願いします。

人気ブログランキングに投票



kigocoro at 01:14コメント(2)トラックバック(0)雑記  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 北村です   2005年07月09日 21:25
昨日はお疲れ様でした。
無事に帰れましたか?
しかし、そう簡単に空くんじゃあ怖いですね〜。
もうちょっと確率を低くしてないと心配ですね。
家の鍵もそうなのかな??
2. Posted by (匠)松さん   2005年07月10日 00:13
北村さん、昨日はお世話になりました。
早速のアップご苦労様です。
鍵が一致する確立は1,000分の1位じゃないんですかね?

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ