2005年06月24日

我が家のお宝発見

梅雨空もどこかに行ってしまったようで、関東地方ばかりではなく全国的に晴れ模様の天候のようです。

梅雨前線はしっかりと日本列島の南岸沿いに横たわっていますが、週間天気予報では「おひさまマーク」が並び、「今週は太平洋高気圧に覆われ暑い日が続くでしょう」と、お天気キャスターも言ってますが、「本当なの?」と首をかしげている私です。 

昨年の梅雨は「照り梅雨」であって、逆に秋雨が梅雨以上に長雨の大雨となってしまいました。

今年もそんな様子が見られますが、雨季の本番が秋口にシフトしてしまったのでしょうか?


桐たんす昨日の我が家の出来事ですが、母が2階の納戸を整理していまして、納戸の奥に埋もれていた昔の桐たんすが、何十年ぶりに往年の姿を現しました。 

他所(よそ)で時々、渋いアンチックな桐たんすを見ることがあり、「木の家」などにはマッチしそうな良い雰囲気を感じていましたが、我が家に眠っていた掘り出し物には気が付きませんでした。 

昔はたんすと言えば桐たんすが当たり前であって「女の子が生まれると庭や畑に桐の木を植えて、嫁ぐ時にはその桐の木でたんすを作り、嫁ぎ先に持たせた」といった時代もあったようです。   ホームページ

 

を植えるということはこの桐の木に限らず、どんな木でもそれぞれ植えた人の思いがあるはずです。

私たちの周りの杉や檜の木は、今では安価なために所有者に見放され、また春には花粉をまき散らすがために世間からも厄介者扱いにされていますが、「未来の子供たちのために」と植林した先人の思いも大切にして、木をあつかって行きたいと考え、また発信していかねばと思っています。


 73日(日) 館林市において下記行事を開催いたします。

☆ 「ぐんま・森林と住まいのネットワーク」通常総会

☆ 構造建築家「山辺豊彦先生」の基調講演

詳細は こちら をご覧下さい!


本日もおひとつ応援のクリック→ 人気ブログランキングに投票 宜しくお願いします。



kigocoro at 22:00コメント(2)トラックバック(0)古民家・伝統構法  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by イチローの兄貴(北村です)   2005年06月24日 23:06
松島さん コメント有難うございます。
桐箪笥の職人さんもご存知なんですか?さすがです。「木を植えた人の思い」継承していかねばなりませんね。
ところで大島さんから聞きましたがアトピッコさんのセミナー行かれるそうでよろしくお願いいたします。
2. Posted by 松島です   2005年06月26日 00:16
 イチローの兄貴さん、
ランキング、相変わらず好調のようで何よりです。
また、来月横浜にて、よろしくお願いします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ