2005年06月19日

シックハウス対策・・・?

カテゴリー「本物の健康住宅づくり」は、その名の通り健康住宅に住まうための、より良い情報を発信します。

ここでは、皆さんがまがい物に騙されぬようにして本物を見極め、後悔しない家づくりに向け、そのお手伝いができること、そんな情報をできるだけ分かり易くお届けしていきたいと思います。 

 


家族の幸福の城を築くべき“マイホーム”ですが、その幸福の我が家が原因となり「シックハウス症候群」なる病気が急増しています。

 

それらを受けて、政府国土交通省は改正建築基準法にて、シックハウス対策規制を導入し、平成1571日から施行となり、現在実施されていますが、その内容の主なものは次のとおりである。

 

  ―――――――――――――――――――――― 

● ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制

(1)内装仕上げの制限

内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材に対して、建材の種別によって制限されています。

(2)換気設備設置の義務付け

   原則として、全ての居室に機械換気設備の設置が義務付けられています。

(3)天井裏などの措置

   天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐための措置が必要となります。

 

● クロルピリホスの使用禁止

  クロルピリホスとは、有機リン系のシロアリ駆除剤です。

  居室を有する建築物には使用が禁止されています。 

   ―――――――――――――――――――――― 

 

しかしながら、現行の規制に対する問題点と、現在のシックハウス住宅の根本的な問題点は?

  屮轡奪ハウス症候群』」の原因物質としては、「ホルムアルデヒド」と「クロルビリホス」の上記2物質のほかに、トルエンやキシレン、エチルベンゼン、スチレン、アセトアルデヒドなど主に13種類の化学物質が挙げられていますが、これらは今回の規制対象にはまったく入っていません。

◆.曠襯爛▲襯妊劵品散量の国内規格に関して、最高基準の『F☆☆☆☆』と言えども、放出量をゼロに抑えたわけではなく、室内換気がなくては濃度が高まる危険は充分にある。

 住宅の気密性が年々高まり、機械的な換気設備に頼らなければならない状況。

ぁ〃誅などによって発生するカビやダニなどもシックハウスの原因とされるが、室内に使用される素材がビニール系のものが多く、調湿作用や空気の浄化作用の期待ができない。

以上、現在住宅にシックハウスが蔓延しつつある状況、並びに現況のシックハウス対策は、「住まい手重視ではなく造り手の都合を重視した」家づくりの延長であり、現在の住宅の根本的な構造を見直すことが必要である。

今後、このカテゴリーにてそれらを見直しながら、本物の健康住宅をお伝えしてまいります。

最後までお付き合い下さり有難うございます。
本日もおひとつ応援のクリック→ 人気ブログランキングに投票 宜しくお願いします。

kigocoro at 00:14コメント(2)トラックバック(0)本物の健康住宅づくり  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 大島建材店   2005年06月19日 22:55
松島さん こんにちは。セミナー会場に入ったら、松島さんと眼があったと家内が言っていました。

真のシックハウス対策について、大切なことをユーザーに伝えていきたいものですね。
2. Posted by 松島です   2005年06月19日 23:24
大島さん、コメントありがとうございます。
大島さんの奥さん少し遅れてきましたが、私の対面にお座りになり、眼があって会釈しました。

「はいからさん」をはじめアレルギーフリー住宅について、色々教えて下さい。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ