2005年05月

2005年05月26日

 これまで三編にわたって私どもの起業の足跡を、お伝えしてきたわけですが、今では建築士事務所登録(H13年)と建築業登録(H17年)を済ませ、新築工事を始めリフォーム工事など、地域に密着した家づくりを目指して頑張っています。
 看板
平成12年  建築業として独立起業
 
平成13年  二級建築士事務所
         「プラスウッド建築工房」登録
         群馬県知事登録第4104号
 
平成17年  建築一式工事業
         「松島匠建」登録
         群(般−17)21093号
 
登録看板所在地 :   群馬県勢多郡東村沢入986番地
 
代表者 :   松島 克幸
 
資本金 :   300万円
 
基本理念:   「住む人の健康と守り、家族の幸福を生み出す家づくり」
         「地産地消による地域環境の保全と、持続可能な循環型社会の構築」  

なんといっても地域の小さな工務店ですので、電話は事務所と自宅が兼用になっています。
そのため電話が鳴れば『ハイ!松島です』と、家族の者(時々子供が出てしまう時がありますが、ご容赦ください)が応答しますので、「プラスウッド・・・」より「松島○○」が良いということで、主の事業所名を「松島匠建」といたしました。
 
事業規模は小さいですが、お客様との連携が密で小回りが利き、“満足と納得の家づくり”が叶うよう頑張りますので、どうぞお気軽にご用命下さい。
 
 


kigocoro at 17:09コメント(0)トラックバック(0)起業の足跡 

2005年05月25日

構造建築家の山辺豊彦氏といえば、今や構造設計者の中では第一人者のようです。
 
その山辺先生が来る7月3日(日)に、館林市の正田醤油本社・文右衛門ホールにおいて「木造建築の多様性について」という演題でご講演を行います。
 
講演場所の正田醤油本社は昨年、明治・大正期に使用した醤油蔵を、当時の歴史的建築造を再現する大改修工事を行い、今、本社屋として活用しています。
 
その設計の担当は"ぐんま・森林(もり)と住まいのネットワーク"のメンバーのお一人(マヌファット)であり、新規に使用した構造材の供給においても、ネットワークのメンバーより出材されました。
 
醤油蔵の改修前は、倉庫として使用していたため、上屋柱が一本おきに切断されており、それらの構造的な補強の設計を、今回ご講演の山辺先生が担当され、改修し本社屋として甦った文右衛門ホールにてのご講演となります。
 
当日はネットワークの通常総会が先に行われ、総会終了の後に改修跡の見学を兼ね、山辺先生のご講演を予定しています。
 
 ご講演の詳細については こちら をご覧下さい。
 参加は勿論無料で、多くの方のご出席をお待ちしています。
 


kigocoro at 00:15コメント(0)トラックバック(1)森林と住まいのネットワーク 

2005年05月24日

屋根面に対し45度回した煙突
 今回は、私どもがこれまでの新築やリフォーム・増改築などで取り入れた、オリジナルなスペック等のご紹介をします。

 
煙突 私どもの建てる住まいには薪ストーブを取り入れる現場が多く、大きな吹き抜けを暖めるには、薪ストーブが一番です。 
四角い煙突を屋根面と平行に設置すると、煙突の上側部分と屋根との取り合いで、屋根勾配が水平になってしまいます。
 
この場合でも充分な水切り処置をしておけば、雨漏りなどの問題はほぼ心配ないのですが、大雪の時など特に気になります。
 
そこで、雨や雪が留まる水平部分を取り除くため屋根を45度回転させ、水の切れを良くし、雨漏りに対し充分な対策を施しました。
  


kigocoro at 08:10コメント(0)トラックバック(0)オリジナル・オンリーワン 

2005年05月22日

 東京都板橋区のM様は、昨年の4月に私どもの地域に木づくりの別宅を新築し、殆ど毎週末になると田舎での生活を送っています。
 
M様邸勿論そのお住まいは私が手掛けたわけですが、木の家での暮らし自然豊かな田舎の暮らし、充分満足して頂いています。
 
M様は環境関係の事業を営んでいらっしゃいまして、地域の木材に深いご理解を寄せられ、ご一緒に家づくりに参加されました。
 
土地(宅地)についても私ども所有の土地を提供したわけですが、賃借や売買の土地の値段は、東京で車一台置いておく土地よりも、田舎で一軒家を建てる土地の方が、よほど安いらしいです。
 
便利さに関しては、東京がはるかに優れているようですが、東京は人が人間らしく生活していくところでは無いですね!」と、普段から仰っていました。
 
行き詰まった世の中ですが、今後益々“自然回帰”“スローライフ”といった時代の流れが助長されて行くのでしょうか?!!
 


kigocoro at 23:36コメント(0)トラックバック(0)田舎暮らし情報 

2005年05月21日

 家族
 昨年の秋から長男(小4)と次男(小2)が少年野球を始めまして、週末になると少年野球浸かりになり、私まで新しいグローブを買ってしまいました。
 
“今日は、私の家族について紹介します。”
 
 写真は昨年12月の、家族で初めての
東京ディズニーランドです。
 
 
 世帯主は 私(松島克幸) 昭和34年1月1日生まれ 3人兄妹の長男
 
 母の まさ江 73歳  昼間は草刈・畑仕事など、夕方から孫の子守 
 
 妻の 初美  今月15日に○0台の大台に乗りました。 パートで近くの病院に勤務。
 
 長男 樹生(たつき) 小4  野球レギュラー目指して頑張っています。
 
 二男 聖士(さとし)  小2  右投げ左打ち、兄貴には負けません。
 
 長女 涼乃(すずの)  保育園 年長組  大きくなったら、お父さんと結婚します。
 
 二女 楓果(ふうか)  保育園 年小組  さすが4人の末っ子、たくましいです。
 
 
 子供の名前は、みんな私が考えました。
 「難しい名前だ」とよく言われますが、そうではなく「凝った名前」なんです。


kigocoro at 00:52コメント(4)トラックバック(0)家族 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ