2005年12月07日

“自分らしさ” “真の豊かさ” 持てますか?

過去ログ短命日本住宅寿命」にてお伝えしましたが、住宅の建て替え年数が「日本=26年」に対し「英国=141年」と、日本と英国では大きな隔たりがあります。

ここ30〜40年ほどの日本人は、住宅に限らず 新しい物好き、そして使い捨の生活習慣がまかり通ってきた世の中でありました。

一方の英国は、古道具や骨董品などの中古市場が活発で、古くても価値のあるものを見出せる、そんな文化が定着しているようです。

(みんなと同じでないと不安な日本人と、自分らしさを大切にするイギリス人)

このことは同じ新品を購入する場合にどんな差が生まれるかといえば、日本においては、薄っぺらな張り物でも見た目が良いものが流通し、英国では丈夫で長持ちする重圧な本物が流通することになります。

建て替え年数の26年と141年は、あまりにも差が大きすぎるものですが、日本においても戦前の住まいは100年200年当たり前のものであったわけです。

英国でも戦前の日本でも、住まいを長持ちさせるために必要なことは、「本物の材料を使い、手入れ(メンテナンス)を大切にし、使いこなして行く」ことが何よりであったようです。

 

もはや今後はスクラップアンドビルドの住宅は無用で長寿命の住宅が必要であり、丈夫で価値ある家造りに、英国そして戦前の日本の技術精神を多いに学び、これからの家づくりの参考となるよう、引き出せればと考えています。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 00:00コメント(4)トラックバック(0)家づくりのコラム家づくりのコラム 

2005年12月04日

「家づくりで後悔しないために知識を身に付けよう」

建築業界の不祥事が連日大きな話題となっていますが、私どもはユーザーの皆さんに「後悔しない納得と満足の住まい」を提供することを第一と考え努力しています。

そしてそんな家づくりを目指している者たちの横のつながりも重要な一つとして、共に研鑽を積んでいるわけですが、そんなつながりとして最近お仲間に加えて頂いた住宅研究会は、栃木県塩谷町で住宅建築業「木の城工房」を経営する上野修一氏主催の「快適エコ住宅研究会」の紹介です。

日本では【家づくり】というもの、建てた後に後悔する方たちのなんと多いこと、そしてその日本の家づくり「家は三回建てないと納得した家がつくれない」と言われているほどです。

一生で一番高価な買い物である「我が家」、そう何度も建て替えられる方はいないもので、そんな初めての家づくりでも「後悔しない理想の我が家」が持てるよう、「小冊子の配布、セミナーや見学会の開催、家づくりの相談、安心な業者の紹介」などの活動を行っている、快適でエコロジーな住まいを目指す住宅研究会です。

まだ入会して間もない私どもですが、毅然とした会の「目的」「家づくりの考え方」は、私が目指しているものと一致するものであって、今後の期待も大です。

ところで「快適エコ住宅研究会」そして「木の城工房」代表の上野修一氏(通称修ちゃん)ですが、神業ともいえるブログを7本もこなしている凄い方です。

 

快適エコ住宅研究会

続きを読む

kigocoro at 20:55コメント(4)トラックバック(1)最近の話題・情報最近の話題・情報 

2005年12月01日

  「杉は谷、檜は腹で松は尾根(峰)」

 

これは杉・檜・松と、それぞれの樹種の植林適地を指したものです。

三種類の樹種にとって、必ずしもその場所が適地とは限りません。

しかし山にはどんな山にも谷筋があり、中腹があり、尾根筋があるので、この言葉はむしろそれぞれの場所に対して適した樹種といった「谷は杉、腹は檜で尾根は松」の方が正解といえるでしょう。

 

杉は確かに谷筋の肥沃で湿潤な場所が適地で、中腹から上の乾燥する場所では極端に生育が衰え、年輪の数が分からない位の育ち遅れになります。

そして檜は中腹、松(赤松)は尾根筋が適地かと言えば、そうとも言えず、杉の育たない中腹から上でも檜や赤松は育つといった程度であり、檜も赤松も極端な湿地は別として、杉の適地でもある土壌の深い肥沃な場所は、成長がより早いのです。

 

このことは、「杉は限られた谷筋の場所しか好まない立地の適応性が狭いが、檜や赤松は広い」ということのようです。

また、そんな立地の適応性の狭い杉は、肥沃な日本の山でしか育たない日本特有の木材とも言えるのでしょう。

 

“杉(スギ)”の由来は、すくすくと生長する木の意味の「すぎの木」 とも、「すぎ(直)な木」の意味 ともいわれていたのです。

 

▼ 育ち遅れた杉は「年輪が密なので価値があるのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、植地を間違えた杉はとにかく横にも縦にも育たず、50年経っても柱木一本取れないものなのである。 

【そんな山も実際に見て戴くと結構面白いもので、ご希望があれば我が家所有の山ではありませんが、「育ち遅れの杉の木」がある近くの山をご案内致します。 一緒に鹿・熊による立木の皮剥き被害も見られますよ。】


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 01:22コメント(2)トラックバック(0)木と山の物語 

2005年11月28日

“珪藻土だけでは固まらない”

 

最近注目されている左官材料の「珪藻土」、そして当ブログでも再三お伝えしてきましたが、今回その「珪藻土塗り壁材」についておさらいしてみます。

ここでは「珪藻土の特性」については省略し、「珪藻土塗り壁材」の重要なポイントを確認し、珪藻土塗り壁の本物まがい物について、その認識を深めて戴きます。

 

【珪藻土自体は自分で固まる能力は無いので、固める「つなぎ的なもの(凝固材)」が必ず必要になり、「そのつなぎ(凝固材・固化材)に何を使うか?」が一番大事な点です。】 

 

新建材のような均一な仕上がりを重視するメーカーでは、その凝固材に「樹脂(接着剤)」を使用しています。しかし「樹脂」を使用することにより、珪藻土の最大の特性である「調湿に必要な“多孔質”を塞いでしまう愚かな素材」と化してしまうのである。

また、「樹脂」を使用しない場合は石膏や石灰、白セメント、粘土などを使用しますが、これまでは「珪藻土の混合割合が50%を超えると全く固まらず商品にならない」とされ、「珪藻土」の混合割合は40%程度が限界で、10%以下の商品も多々流通している。

それが珪藻土塗り壁市場の現況とも言えます。

 

▼ここで「樹脂入りの珪藻土」「珪藻土割合の少ない珪藻土」などまがい物珪藻土と本物の珪藻土の簡単な見分け方をお伝えします。

実際に塗った珪藻土壁、或いは各メーカーの実物サンプルなどをお持ちの場合、その壁材に霧吹きなどで直接水を吹きかけて見ます。

      まがい物珪藻土は、表面張力のように最初は水をはじき、じわじわと吸い込んでいく。(吸い込むスピードが遅いほど“まがい物度が高い”)

      本物の珪藻土は霧を吹いた瞬間にサッと水を吸収します。

 

(当ブログで紹介してきましたはいん」は、珪藻土混合割合70にがりで固めた究極の珪藻土塗り壁で、実際に施工してその素晴らしさを実証しました。)


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 05:50コメント(0)トラックバック(0)本物の健康住宅づくり家づくりのコラム 

2005年11月26日

“ローコストの中身を見極める”

 

「悪徳リフォーム業者」「アスベストによる健康被害」そして今回の「耐震構造計算書偽造事件」と、このところ建築業界の不本意な事件・問題が相次いでいます。

 

この「耐震偽造事件」の内幕も徐々にあきらかになってきていますが、熾烈な販売競争が激化するマンション業界において「利益追求とコストダウン」の結末が、このような人命に関わる問題に及んでしまったようである。

「コストダウン」は高価な買い物である住宅ユーザーにとって大きなメリットを生み、業者もその努力は欠かせないもとなっている。

  しかし、・・・

早くにこのブログでも「ローコスト住宅の危険性」について触れました。

「仕入先や協力業者を叩いてつくり出すコストダウン」は、粗悪・不足な材料や手抜き工事による欠陥住宅につながり、命や財産を失う結果ともなりうる。然るに、ローコストについて安易にとび付くのではなく、くれぐれもその中身を見極めて選択する洞察力が必要である。

 

ところで余談になりますが渦中の建築士の姉歯氏であるが、「頭髪も偽造しているのでは?」と、こちらも専らの話題のようである。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 00:49コメント(2)トラックバック(0)家づくりのコラム最近の話題・情報 

2005年11月24日

11月の3日に「ぐんま・森林と住まいのネットワーク」のイベント林業体験と左官塗り体験を行いました。 本職の左官職人さんを指導者に招き、一般ユーザー向けの「漆喰と珪藻土の壁塗り体験」となった。

 

漆喰は、日本の変化する四季の気候に合った左官材で、日本古来より使用されてきた自然素材であり、一方の珪藻土は、ビールの「ろ過材」としても使用されている多孔質の土で、調湿効果などが期待される中で最近急速に普及してきた注目の塗り壁材である。

 

伝統の左官材「漆喰」と、最近注目の左官材「珪藻土はい」、健康で長持ちし飽きの来ない住まいをつくる上では、共にお奨めの塗り壁材である。

1103左官塗り体験ダイニング漆喰壁塗り体験では両方の材料共に、左官の素人が塗ってみたが、漆喰塗りは本職の職人でないと上手に塗れない材料であり、一方の珪藻土「はいからさん」は素人のDIYでも塗ることが可能な材料のようであった。

(写真左:塗り壁体験 写真右:我が家の漆喰壁)

 

※珪藻土壁材は最近多くのメーカーで販売されているが、珪藻土自身では固まる性質がないために、凝固材に他の何かを使って固める性能を持たせている。 そこで凝固材に「接着剤を使っている」「混合物質によって珪藻土の多孔質を塞いでいる」「珪藻土の混入割合が少ない」などの問題により、珪藻土壁材本来の性能を発揮できない製品も多々普及しているので注意すべし!

 

漆喰とは、消石灰を主原料とし、これにフノリ・ツノマタなど膠着(こうちゃく)剤、ひび割れを防ぐため麻などの繊維質を加えて、水で練り上げた塗り壁の材料。

防火性が高いのが特徴で、古くは財産を守るため土蔵に使われた。また、調湿機能も持ち、季節の変化に耐え、カビがつきにくいという性質ももつ。このため、今でも押入れの壁などに使われることもある。そのほか、遮音性や遮光性にも優れている。乾燥後の収縮率が高いためひびが入りやすいのが欠点。

珪藻土とは、太古の植物プランクトンの遺骸が永年にわたって堆積してできた土であり、小さな粒子の中に無数の孔質(空気層)を抱えているため、調湿性や断熱性、遮音性、脱臭性などに優れている。ホルムアルデヒドなどのVOCも吸着し、シックハウス症候群を抑えたり、調湿効果で湿度によるダニ・カビの発生で起こるアレルギーやアトピーを防ぐ効果があるとされる。また、土であるため壊しても自然の土にかえるため環境に優しいなど、多くの利点をもつ。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ



kigocoro at 00:54コメント(12)トラックバック(0)家づくりのコラム最近の話題・情報 

2005年11月22日

きごころ通信vol.2

11月も半ばを過ぎて、北の方では積雪の便り、こっちらでは連日霜が降りるようになり、冬を迎えるにふさわしい寒さとなってきました。

 

年に4回発行予定の松島匠建の情報誌「きごころ通信」ですが、10月発行が一ヶ月遅れにてやっと発送することができました。

忙しい中での編集であり、満足いくものが創れたとは言い難く、もっと読み手を引き付けるものが欲しいと感じています。

今後、進化していくためのも是非皆さんからご意見・ご感想を頂戴したいので宜しくお願いします。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ

 



kigocoro at 00:18コメント(5)トラックバック(0)お客様満足 

2005年11月20日

お施主さんは大喜びの今回のリフォーム工事、その内容を工事箇所別に「ビフォーアフター」でまとめていますので、住まい手の皆様は今後のリフォームのご参考にして下さい。

 

【6畳和室の寝室】

 

・ 6畳の和室に2組の洋服ダンスが置いてあったため、1揃(1組)の布団を敷くスペースしかなかったご夫婦の寝室

       

・ 2組の洋服ダンスがおいてあった背後の壁を取り除き、板畳のタンス置き場として2尺(60cm)分を増築し、布団を縦にも横にも2揃(2組)敷けるようになった。

・ 繊維壁であった既存の壁は、呼吸する究極の珪藻土「はいからさん」に塗り替え

 

寝室リフォーム02 寝室のリフォーム前(上の画像)

今まではタンスの扉を開けると蛍光灯に当たっていた。また、布団一組を敷くのが精一杯の狭さで、タンスがあって畳替えも一苦労であった和室 

 

 

寝室リフォーム01

リフォーム後(下の画像)

たった60cm巾の増築で使い易く甦った6畳和室

左上に見える木は、一本の柱を取り除いたために補強した杉の現し梁(8寸×12尺)

壁は調湿性能抜群の「珪藻土はいからさん(ベージュ色)」

(次回に続く)


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 12:36コメント(0)トラックバック(0)リフォームお客様満足 

2005年11月17日

105日に着工した埼玉のT様邸のリフォーム工事も、今週一杯で大方の完成を向かえる。

「以前から直したいと思っていたものの、信頼できる業者が見つからずに迷い、踏ん切りがつかずにいた」と、いっていた叔父でもある今回のお客様ですが、お盆にお客に見えたのがきっかけで私どもにリフォーム工事を頼み、予想を超える仕上がりに大満足です。

 

吉田工務所さん今回、大工工事の協力を頂いた太田の吉田工務所の吉田さん、大工暦十数年とまだ30歳台の大工さんですが、本格的な日本建築の親方さんに仕込まれ、その腕前を充分に発揮し活躍して頂き、助かりました。 

また、次の機会も是非お願いします。

 

 

お施主さんが思い切って踏み切った今回のリフォーム工事の内容は、

 

【リビング・ダイニング・キッチン】

 

・ 暗くて乱雑となったキッチンと磨り減ったキッチンの床板

・ キッチンから中廊下を隔ててある、殆ど使っていない床の間付の和室

       

・ キッチン・中廊下・和室をワンルームのリビング・ダイニング・キッチンルームにリフォーム

・ 内装は呼吸する自然素材で施工

 

「明るくて綺麗になったキッチン、そして中廊下で仕切られていた2つの部屋が使えるワンルームになり大喜び。内装も呼吸する自然素材で“取っても気持ちが良い!”と大喜び」

 

T邸LDKルームリフォーム後のLDKルーム (「はいからさんナチョラル色」の色むらが気になります)

天井は「すっぴんクロス(織物クロス)」 

床は「檜フローリング(15mm厚の尾鷲檜)」 

壁は「珪藻土はいからさん(調湿性能抜群)」

 

(次回に続く)


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございまし

kigocoro at 00:12コメント(3)トラックバック(1)リフォームお客様満足 

2005年11月13日

植物性プランクトンの化石である珪藻土は、「多孔質であり調湿効果が高い」ことは良く知られている。

そこで近頃、その効果を利用して壁材として多く活用されてはいるのだが、珪藻土自身は固まる性能を持っていないため、凝固材として石膏やセメント或いは接着剤を使用している。 

要するに固まる材料に珪藻土を混入している訳であり、今までの珪藻土壁材の含有量は少ないものは1%からで多くても50%程度とされていた。 また、使用する凝固剤の種類によっては、珪藻土の多孔質を塞いでしまい、珪藻土本来の性能を発揮できないものも珍しくは無く、珪藻土とは名ばかりものも多かったらしい。

 

今回のリフォーム現場で使用した珪藻土壁材【はいからさん】は、珪藻土の含有率が70%と高く、凝固材に海水から採取した【にがり】の凝固作用マグネシアセメント)を利用しているため、珪藻土の細孔を塞がずに珪藻土本来の性能を十二分に発揮できる究極の珪藻土壁材といわれている。(一般的な珪藻土壁材の3倍の調湿性能がある)

 

前回の投稿記事にて「はいからさんの色むら」の件をご報告しましたが、この色むらは、夜半の降雨により多湿状態となった部屋の湿気を壁材が吸い込み、多くの湿気を吸い込んだ部分が濃い色に変色したものであった。

この色むらは壁の乾燥と共に薄らいで来る訳であるが、ここでこの【はいからさん】の調湿性能が実証されたとも言える。

 

「湿気によるはいからさんの色むら」実はこれほど顕著には現れないようであるが、今回この部屋に現れた色むらの原因として考えられることは幾つかある。

         キッチンであるために他の部屋に比べて湿気の発生が多い。

         シーラーによる下地処理が不十分であった。

         練り方として水の調合はマニュアル通りではあったが、水の分量が多すぎた。

         ナチョラル色は色むらが出やすいのかもしれない?

 

はいからさんベージュ02はいからさんベージュ01その後にはいからさん施工した寝室(ベージュ色)であるが、増築部分の新規の石膏ボード部と既存の繊維壁部分(繊維壁を剥離)に【はいからさん】を塗ったが、キッチン(ナチョラル色)のような顕著な色むらは今のところ現れない。


■ “地産地消、そして無垢の木材と天然素材の家づくり”の松島匠建発行

情報誌「きごころ通信」「小冊子」等をご希望の方は、→ こちら からどうぞ!

 皆さんの一押しが励みになります。 → 人気ブログランキング ありがとうございました!”

「地産地消の木の家づくり」 トップへ▲



kigocoro at 23:30コメント(3)トラックバック(2)現場記録本物の健康住宅づくり 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ