2011年01月03日

 「木の家の注文住宅 〜 3坪からのオーダー」

地場の杉と檜で造る、こだわりのミニハウス

勉強部屋・趣味の部屋・事務所・書斎など、好みの形とお好きな広さで・・・

はなれ部屋

















はなれ建て方



















3坪ハウス



















内装


















デッキ付はなれ














ウッドデッキ



















デッキ・テラス



kigocoro at 23:28 

2009年02月19日

 「太田生品の家」完成間近です。

そして、今月末2月28日(土)に完成見学会を開催の予定です。

外部はスーパーそとん壁の掻き落とし仕上げ 防水性がありながらも、通気性もあるという優れものの塗り壁です。 ldssk
床は杉厚板30mmの縁甲板と、熊本産減農薬栽培のイグサを使用した天然泥染めの健康畳。 ldilw
壁は杉やサワラの板張り、呼吸する織物クロス張り、そして珪藻土塗りなどです。 珪藻土塗りは、お施主さんご一家も壁塗りに参加し、記念に手形を残しました。 ldiks
地場木材、自然素材、健康住宅などに興味のある方は、見学会に是非お越しください。

kigocoro at 21:45コメント(1)トラックバック(0)本物の健康住宅づくり 

2008年12月30日

 6月に完成した富士見の「つくりすぎいない家」

外壁は杉板の下見張りで、板への塗装は一度行うと5年毎位に塗装を行う必要に迫られるため、塗装はせずに自然に任せた色の退行、或いは着色に期待しました。

多分、張って10年程は日焼けや黒カビなどで変化変色することと予測し、10年後には落ち着いた色に定着するものと考えています。

そしてこのほど張って半年後の変化の画像を写してきました。

張って間もない杉板の外壁/2008年6月
杉板下見張り



















張って半年後の日焼けした杉板南面/2008年12月
焼けた杉下見張り


kigocoro at 20:18コメント(0)家づくりのコラム 

2008年10月09日

ペレットストーブ富士見の「つくりすぎない家」にペレットストーブが入りました。

岩手で製造している「クラフトマン」ペレット・薪兼用ストーブです。

ストーブ本体、鉄製の防熱板付炉台、内部煙突と設置も半日掛からず、夕方には火入れをして見ました。

木質ペレットは国産品で、10圈500円(約一日分)前後と、今後益々普及するものと思われます。



kigocoro at 23:10コメント(0)エコロジー・スローライフ 

2008年09月17日

 快晴の9月17日、太田のT様邸が上棟になりました。

5寸角の通し柱6本と、杉・檜の4寸角管柱が70本あまり。

上棟梁上棟柱

 

 

 

 

地場産の杉・檜材をふんだんに活用し、「ぐんまの木で家づくり」の助成金申請も行いました。



kigocoro at 22:28コメント(0)現場記録 

2008年08月23日

 太田のT様邸新築工事の地鎮祭。

前日に地縄を張って置いた中央に青竹を4本1間真角に立てます。

地鎮祭鍬入れ

青竹は3節分の枝を残して頭を詰めた竹です。

小雨模様の23日大安吉日に、「木曽御嶽山神社の先達」斉藤氏を神主としてお願いし、午後3時頃から約二時間の地鎮祭でした。

地鎮祭の儀式を略さず本式で行いましたので、一般の地鎮祭の3倍ほどの時間を要しました。

これで工事着工となり、週明けから地盤改良工事が始まります。

  松島匠建の建てる木の家 「太田生品の家」Web日誌



kigocoro at 22:32コメント(0)現場記録 

2008年06月29日

 今や新建材畳が一般的となってきていますが、新築の「つくりすぎない家」では住む人の健康を真に考えて造られた「ほんもののたたみ」を入れました。

アレルギーフリー住宅を奨めている横浜の「アトピッコハウス」から購入。

珪藻土「はいから小町」も同じアトピッコのもでした。

ほんもののたたみ本物の畳

 

 

 

 

畳表のイグサは、熊本の契約農家により減農薬にて栽培され、天然泥染めの畳表を使用。

畳床は一年間天然乾燥されたワラ床畳です。

いずれも昔ながらのやり方と材料で造られた畳であり、安全な寝室にて、本当の健康住宅が確保されました。



kigocoro at 16:57コメント(0)トラックバック(0)本物の健康住宅づくり 

2008年06月12日

 富士見村の「つくりすぎない家」も間もなく完成です。

現在は、内部の珪藻土塗り施工中ですが、お施主さんのセルフ施工によって地道に進行中。

外装「スーパー白洲そとん壁」珪藻土「はいから小町」塗り

 

 

 

 

外壁は杉板「南京下見張り」で、矢切の三角部分は「白洲そとん壁」。

 

内部の塗り壁は、珪藻土「はいから小町」。珪藻土を固めるのに「にがり」を使っている、安心素材。

お施主さん自ら塗り壁施工中です。

 



kigocoro at 23:04コメント(0)本物の健康住宅づくり 

2008年04月09日

住宅の階段といえば、集成材階段が一般的なようですが、現在進行中の「つくりすぎない家」「足尾町のリフォーム」と杉・檜の無垢板による階段ができました。

無垢板階段

杉の梯子階段

杉の厚さ42mmの段板(踏み板)

側桁(ささら板)も杉と檜で幅広の板を使用

柔らくて温かみがあり、勾配も緩やかで上りやすい階段ができました。



kigocoro at 23:47コメント(1)本物の健康住宅づくり 

2008年02月24日

「つくりすぎない家」進行しています。

ガルバー縦ハゼ葺き

YKKエイピアJ

 

 

 

 

 

屋根はガルバリウム鋼板「縦ハゼ葺き」。色はガルバー素地色です。

外部建具のアルミサッシはYKK「エイピアJ」。結露し難い断熱樹脂サッシです。

そしてサッシの色が、新色の「ピュアシルバー」。最近の主流色の「プラチナステン」より、更にアルミ色に近く、昔のシルバーに戻ってきた色です。

屋根のガルバー色とサッシのシルバー色が上手くマッチした、渋い家になりそうです。



kigocoro at 17:46コメント(1)トラックバック(0)現場記録 
プロフィール
松島 匠建
国産の杉・桧で造る木の家
 3坪からの注文住宅
 小住宅・ミニハウス
 ウッドデッキなど

当社では、お客様のニーズに合わせて、大きさ・広さ・形・間取り・設備、そして屋根・外装・内装・建具などを、好みのサイズと仕上げにて刻み加工し、施工している群馬の工務店です。

本社・加工所
〒376-0301
群馬県みどり市東町沢入986
 TEL.0277-95-6558
 FAX.0277-95-6920
群馬県知事許可(般-17)第21093号

 http://www.kigocoro.jp/
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ